交通事故被害のために受け取れなかったボーナスは補償してもらえるのか?

会社勤めをしている方の場合には1年に1回から2回ボーナスがあります。
金額についてはそれぞれの会社や立場によって違ってくるものですが、交通事故に遭ってしまい通院期間等が長くなってしまったことが原因でボーナスが減額されてしまったといった場合に、休業保証としてボーナスの補填を受けられるのかについて気になる人はたくさんいるでしょう。
事故に遭ったことで仕事に出かけられず会社を休んだ場合に関しては、休業損害として認められるのですが、ボーナスは認められるのかどうか不安な場合には、安心して良いでしょう。

事故との因果関係が証明できれば休業損害として補償してもらえる

ボーナスが減ってしまったことが事故との因果関係に繋がり、この部分をしっかりと証明することができればボーナス分に関しても、休業損害としてまたは補償損害として受け取ることが可能になっています。
もちろんこの場合には、どれだけのボーナスを受け取っていたのかといった内容についてや、事故によるお休みが原因でボーナスが減ってしまったことを証明しなければなりませんが、このような書類に関しては会社からの賞与証明書や給与証明書などの収入証明書類でしっかりと確認することができるため、保険会社としては対応せざるを得ない状況になっています。

ここでの問題は交通事故が原因でボーナスが減ってしまった場合、会社に対してしっかりとしたボーナスを払ってほしいと訴えかけることよりも、保険会社側に対して十分な保証をしてほしいと訴えることになってきます。
会社側としてみればボーナスを支払うための条件が決められているため出社する日数が減ってしまうことになればもちろんボーナスが少なくなってしまうのは当然だといえるでしょう。
交通事故によるけがなどが治ってから改めて出社する日数を元の状態に戻していくことで、次回のボーナスに関しては減額されないで済むのではないでしょう。
あくまでも交通事故が原因となり減ってしまったボーナスに関しては保険会社に保証してもらう内容となっていますので覚えておきましょう。

賞与証明書などを用意しボーナス分をしっかり補填してもらう

ボーナスの計算方法については前述の通り、前年度のボーナスを参考にすることや、平均的な年齢から算出する方法などがありますが、しっかりとした書類を提出することができればこのような書類は参考になり、最終的な保証額が決まってきます。
賞与証明書などが会社から発行されていますので、このような書類を保険会社に提出し、ボーナスの部分をしっかり補填してもらうようにしましょう。

ここでのボーナスについての保証というのは休業損害とは別に計算されるものですから、休業損害は休業損害として仕事に出られなかった部分での日数で計算することになっています。
たまたまボーナスのタイミングに事故が重なってしまい、ボーナスを受け取ることができなかったなどといった場合には、しっかり保険会社に請求していくようにしてください。